ブログ

ブルーのソファで作るリラックス空間コーデ!!ブルー×○○テイスト14選

最近様々なコーディネートでよく見かけるブルー系のソファ!!ファブリック生地やデニム生地、水色系からネイビーブルーと様々なブルー系ソファが流行を見せています。一般的な黒や茶、白といったカラーと比べるとコーディネートが難しそうなイメージですが実際はとてもコーディネートしやすく、また様々な効果をもたらしてくれるんです。
今回はそんなブルー系のソファを使ったコーディネートシーンとその効果などを取り上げてみました。

ブルー×リゾート・西海岸テイスト


『大人リゾート系 Chic-tic house』

落ち着いた色に統一させられた大人なリノベーションスタイル。
全く光の入らなかったDKにも光を取り入れられるように2DK→1LDKにプランニング。
LDKと洋室の間にある大きな間仕切りは棚になっており、空間を分ける以外に、広く見せる効果や空間を明るくする効果も合せています。
ブルー×リゾートテイスト


『南国系リゾートimagine house』

玄関を開けると不思議なトンネルのような空間があり、そこを抜けるとハンモックが掛けられた大空間が広がるミュージアムライクな家。
LDKのハンモックや表裏で色の異なる可動棚など、住まいに遊び心を取り入れました。
ブルー×リゾートテイスト


『リゾート系ヴィンテージ』

無垢材で設えたあたたかみのある空間。
壁1面に塗装を施しアクセントを加えました。さらにソファもブルーでクールにカジュアルに!!
ヴィンテージの暗いイメージを明るくしカジュアルなリゾート系の空間に演出します。
ブルー×リゾート・ヴィンテージテイスト


『アメリカ西海岸ヴィンテージVol4』

夏!!吹き抜ける風を優美に流す無骨なアイアン脚と木の組み合わせをお楽しみいただけるかっこよくてラフで開放的な西海岸コーデVol4です!!
今回は3人掛けソファでゆったり過ごせる夏のリビングコーディネートです!!大人気のトロリーテーブルは今回も登場!!
それに合わせる無骨家具シリーズも必見です!!おしゃれに楽しくコーディネートしちゃってください!!
ブルー×西海岸・ヴィンテージテイスト


『アメリカ西海岸ヴィンテージVol2』

どこまでも自由なライフスタイル!!を体現する西海岸コーディネート!!そのラフさに加え「木×スチール=無骨な迫力」がカッコいい1960年代を彷彿させるインダストリアルデザイン!!異素材の組み合わせが、懐かしくも新しい印象を抱かせます。木には節があり、それらは本物のアンティークのように一点一点異なっています。部屋の主役になること間違いなしの1点1点存在感ある家具たちを組み合わせ自由に自分勝手に思うがままにコーディネートしました!!
ブルー×西海岸・ヴィンテージテイスト

『西海岸風ビーチバケーション』

目の前のグリーンを借景にし、ゆったりくつろげる大きなLDKに。
子供部屋には明るいグリーンのアクセントクロス。
開放的な雰囲気を生かすように大きめでゆったりくつろげるソファダイニングとガーデン系家具を室内に!!
小物でカラーアクセントをつけております!!
ブルー×西海岸テイスト

 

『リラックス効果』

青い色は昔からメンズカラーなんて印象を持たれがちですが男女関係なく見ると心が落ち着くカラーとして取り上げられております。
実際にリラックス効果や集中力を高める効果があり勉強や仕事に向いているカラーと言えます。
こう考えると今まで見かけにくかったカラーですが一般家庭でも積極的に取り入れたくなりますね!!
ご紹介したようにリゾート系や、西海岸系テイストでは積極的に取り入れているカラーコーディネート。
リラックス効果だったり重かった部屋の印象を一気にラフでカジュアルな印象にする効果がある為積極採用されているようです!!
実際に違和感がない・・・いや、むしろかなりかっこいいのでは??
重たい雰囲気をカジュアルに変える効果も良いですね。次のヴィンテージテイストでも活躍期待か。

ブルー×ヴィンテージテイスト


『 バルコニーヴィンテージ』

室内と屋外の境目がどこまでも曖昧で、部屋そのものが緑の一部のように自然に溶け込みます!!
『緑と住む』という言葉がぴったりな空間は時間の感じ方まで変えてくれそうなそんなコーディネートに仕上がりました。
大自然を感じながら生活を楽しめる空間!!緑と青が織り成す癒しの空間で毎日のリフレッシュ空間をお手元に!!
ブルー×ヴィンテージテイスト


『アウトドアガレージ』

自由な大人の遊び心が印象的なアウトドアスタイル!!普段はガレージに収納している家具達を、週末は外に出してみんなを集めて自由な時間を過ごすのが西海岸流!!
通常のアウトドア用品ではなく一般的な家具を用いてよりラフで自由な形を演出したのもポイントの一つです!!
ブルー×ヴィンテージテイスト


『カジュアルヴィンテージ』

煉瓦調でシャビーな壁紙の内装に使うのは木とブラックアイアンが織りなすヴィンテージ感溢れるレトロスタイル!!と、思いきや・・・中央のソファに映えるブルーが印象的なジーンズ生地のソファを配置すことで一気にカジュアルなスタイルへと大変貌!!「ヴィンテージレトロ×アメリカンカジュアル」の融合といってもよいでしょうか。
存在感のあるマテリアルを持つ異形等の家具たちがイメージや雰囲気を壊すことなく、お互いを引き立て合い新しい空間スタイルを表現します。
ブルー×ヴィンテージテイスト

 

『ワンポイントアクセント』

単調なカラーバリエーションにアクセントになるカラーが入るとコーディネートに華ができます。
普段は小物でカラーを補足するイメージですがソファみたいなお部屋の主役がワンポイントアクセントになったらかっこいいですよね!!

ブルー×アーバン・モダンテイスト


『南仏プロヴァンス~南仏の古城~』

プロヴァンス地方は地中海の恩恵を受ける地中海性気候。夏は乾燥しやすく、日差しが強いのが特徴です。基本的に冬場も穏やかですが冬の短期間アルプスからくる過酷な寒風と、夏の日差し除けのために、重厚な壁をつくっています。そんな南仏インテリアコーディネートの魅力は、田舎風の素朴さがあります。また、フランスらしい洗練さもあり、とても人気のあるインテリアスタイルとなっています。
今回は白とベージュを基調とした石畳風タイルや街灯が古城を彷彿とさせるデザイン。
土間とウォークスルークローゼットを行き来できる、収納力と利便性を兼ね備えた間取り。
そして、素朴な暖かさを演出する自然素材の家具が調和する南仏の古城をお楽しみください!!
ブルー×プロヴァンステイスト


『Modern British』

イギリス人の伝統を重んじ、古きものに価値を見出す精神を素材の質感と配色で表現。
白いレンガ調タイルをあえてエイジングをかけ、クラックが残るように仕上げる事で、住まいに馴染んだような経年変化による独特の質感を再現。
白と黒の中にエイジングされた水色をアクセントにする事でトラディショナルさとモダンを掛け合わせたイギリス美を出している。

ブルー×モダンテイスト


『アーバンクール』

事務所にも使えるスタジオタイプ。
住む方のライフスタイルに合わせられる可動式の造作棚。
玄関には造作ベンチで気使いを。
ハイコントラストのテイストで隠れ家的な空間を演出します。
ブルー×アーバンテイスト

 

『空間を広く見せる』

ブルーカラーにはもう一つインテリアに置いて重要な効果があります。
それは後退色・収縮色といい空間を広く見せる効果です!!
ワンルームコーディネートや一人暮らしの部屋など狭い空間に取り入れることで圧迫感のない、すっきりとした印象の部屋にすることができるんです。

ブルー×北欧テイスト


『カジュアル×北欧』

王道の北欧リビングダイニングにジーンズ調のソファとスチール脚のガラステーブルで少しカジュアルなテイストを盛り込みました。
落ち着きある空間に、ソファで色を取り入れインパクトと飽きのこない空間作りを意識しています。
温もり溢れる無垢材と寒色系のソファのバランスのとれたコーディネートをお楽しみください。
ブルー×北欧テイスト


『Cool&レトロノルディック』

落ち着きのあるホワイト基調のお部屋へをさらに落ち着きのある空間へ演出するために青をベースにしたソファを採用しました。温かみある暖色系ではなく少し寒いイメージの寒色系を使用することで、部屋に対してさらに落ち着いたイメージを演出することが可能になります。
Coolで落ち着いたイメージを持ちつつ温かみある過ごしやすい空間を作りたい!!そこで今回は少しBR系の木の温もりをより感じる家具を採用しました。
Coolでナチュラルな北欧空間とレトロで温もりを感じるデザイン!!空間と家具との調和をお楽しみください!!
ブルー×北欧テイスト


いかがでしたか?
お気に入りのスタイルは見つかりましたか??
北欧テイストにおいてもグリーンやナチュラル色なイメージでしたが、最近ではブルーを取り込むなどのスタイルが見受けられているようです!!
今回取り上げたブルーの効果をまとめると、
『リラックス効果』
『ワンポイントアクセント』
『空間広く見せる効果』
などがあげられるようです。
この夏是非皆様もブルーソファを使ったコーディネートに挑戦してみてくださいね!!
今回使用されたソファや、その他のブルー系ソファは各部屋ページよりチェックしてみてくださいね♪
では、また次回ヽ(´▽`)/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る