一人暮らしのお部屋をおしゃれに!インテリアコーディネートの基本

夢と希望に満ちた一人暮らし!
自分好みの格好いい、可愛いお部屋を作りたいですよね。
一人暮らしをスタートさせる時、部屋のインテリアを考えるのは楽しみの一つです。
お気に入りの家具に囲まれながら快適に過ごすための部屋作りのヒントやコーディネートの基本をご紹介します。

自分らしさが詰まった一人暮らしの部屋の作り方

一人暮らしをスタートするには部屋選びから引っ越しなど、全て自分で準備するのは大変です。
しかし、一人暮らしの大きなメリットも有ります。
それは、家具やインテリアなど、自分らしい生活を追求できること!
一人暮らしの部屋といえば6畳や1K、ワンルームなどスペースが限られていますがどう暮らすかはアイデア次第です!!

一人暮らしで自分らしさを出すには

自分の思い通りに考えたり、配置したりできる一人暮らしは、個々の暮らし方や
自分の好みのイメージに合わせた部屋の作り方になります。
例えば同じ6畳の間取りでも、下記例のように家具選びやイメージが男女によっても大きく変わってきます。

男性のイメージ:ワンルーム(6畳)
限られた空間でもソファを置き、くつろげる場所を確保。

女性のイメージ:ワンルーム(6畳)
生活導線を考えつつ、明るい色を取り入れ、空間全体を広く見せる工夫。

長く楽しめる家具・インテリアを

一人暮らしの部屋作りを考える時、長く使えて楽しめる家具を選ぶことを意識してみましょう!
例えば「拡張性の有る家具」「カバーの色を変えれるソファ」や「座り心地が良いソファ」などを選ぶことです。
ライフスタイルの変化に合わせて部屋を作りやすく、使い勝手が良いので重宝します!

理想の一人暮らしを実現させるポイント

自分らしく過ごしやすい一人暮らしの部屋を作るには、以下の3つのポイントが重要です。
このポイントをベースに考えることで、自分の過ごし方や好みのイメージに合わせた部屋が作りやすくなります!

・日々の過ごし方や部屋のサイズに合うレイアウト
・ライフスタイルが変化しても長く使える家具選び
・自分が好きなイメージを叶えてくれるインテリア

それでは!理想の一人暮らしを実現するためのレイアウト例や家具選び、インテリアコーディネートをご紹介します!!

ワンルーム・レイアウト

ワンルームのレイアウトは畳数によって変化しますが、一般的な6畳ををベースにご紹介します!

限られた空間でもソファをパーテーション代わりに使うことで
就寝する空間とくつろぐ空間を分けています。

主にブラウン系でまとめていますが、ポイントで黄色や緑色の
インテリアを置くことで柔らかさを出しています。

1LDK・レイアウト

リビングと寝室がある贅沢な暮らしが出来ちゃう1LDK!

レイアウトの自由度が高い1LDKならリビングと寝室でテイストを変えることも可能!
リビングは木目とアイアン脚がかっこよさを演出する家具で揃え、とことんおしゃれに!

ラグで色味を足すことでコーディネートのアクセントになっています!

一人暮らしの家具選び

家具を選ぶタイミングは人生の中でそう多くはありません。
例えば、初めて家具を選ぶのが「一人暮らしをスタートする時」という方も多いのではないでしょうか?

検討するタイミングが少ないからこそ、お気に入りの家具を見つけて、毎日の生活が充実するような家具選びをご紹介します。
ポイントは3つです!

■一人暮らしに必要な基本の家具3点

最初のステップは、一人暮らしに必要とされる基本的な家具3点を考えましょう!
多くの方が最初に検討される傾向にある家具は、テーブル、テレビボード、ベッドの3点です。
過ごし方や間取りにもよりますが、この3点があれば基本的な生活はしやすくなり、部屋の見栄えも確保されます。

■部屋を広く開放的に見せる低めの家具

家具選びの際に最も気になるのが部屋を広く見せることです。
特に一人暮らしの場合は部屋のサイズに限りがあるため、できるだけ開放感のある広い部屋にしたいというケースが多いです。
それを実現してくれる家具選びが高さの低いロースタイル家具を選ぶことです。

■ライフスタイルに合わせた家具をプラスする

一人暮らしをどのように過ごしたいかを考えて、それにマッチする家具を考えてみましょう。
ライフスタイルが異なればプラスしたい家具も人それぞれです。
一人暮らしを豊かにしてくれる家具や、自分らしく過ごせるインテリアを選びましょう。

インテリアコーディネートによる統一感

一人暮らしで自分の好きな部屋イメージを作るには、インテリアコーディネートが必須!
その際に意識したいのが部屋の統一感です。
一人暮らしの場合、部屋の間取りやサイズに限りがあるため、なるべく部屋のインテリアイメージを統一した方がおしゃれで綺麗に見えやすくなります。

センスアップ出来ちゃうディスプレイ

おしゃれな部屋を作るには、家具のレイアウトだけではまだ未完成です。
最後にお伝えするのは、おしゃれなディスプレイ方法!!
一人暮らしのお部屋をセンス良く飾って仕上げましょう。

ディスプレイの基本

まず覚えておきたいディスプレイの基本をご紹介します!
ただ物を置くのではなく、基本の配置を頭に入れておくとディスプレイの質が格段にアップしちゃいます!

■色を揃える

同じ系統の色でまとめたり、2~3色以内に収めるとグッとおしゃれになります!
部屋の雰囲気と合わせると、より空間全体の一体感が生まれます。

■三角形の配置

小物を配置する時の基本は三角形を描くように配置することです。
中央に背の高い物を持ってくるとバランスが取れます。
部屋に小物を飾るときは、三角を意識するとオシャレなディスプレイが出来上がります。

■シンメトリー

左右対称のディスプレイは、バランスが良いので安心感があります。
シンメトリーも基本の配置なので、お部屋のディスプレイに悩んだ時は挑戦してみるといいかもしれません!

■余白感

スペース全体に配置するのではなく、あえて余白感を作りインテリアを置くのも
おしゃれなディスプレイのポイントです。
空間にメリハリを作ると、見た目の印象がグッとアップするので、
洗練されたお部屋を目指すなら余白感を意識するのが良いです。

■複数使い

同じアイテムを2~3個、複数で飾ると、こなれ感のあるオシャレな部屋になります。
一人暮らしでは飾るスペースも限られますが、棚の上や玄関など、数少ないディスプレイポイントは、目の付け所ですよ!

おしゃれディスプレイを参考に

ディスプレイの基本を押さえたコーディネートをピックアップ!
実際のディスプレイを参考に、自分の部屋をコーディネートしてみましょう!

主にナチュラルなカラーでコーディネート。
赤のクッションを入れることで部屋のアクセントに!

高さを交互にしたアメリカンなサイドボードディスプレイ。

シンメトリーになった収納棚で部屋の統一感が出ています。

オブジェなどの置き方も余白感を持たせた配置ですね!

同じ柄のクッションを二つずつ置いてこなれ感アップ!

自分好みの部屋を作ろう!

洗練されたおしゃれな部屋は、過ごす時間も楽しくなりますよね。
一人暮らしの限られたスペースでも、快適かつおしゃれに過ごせる工夫をして
自分だけのお部屋作りやコーディネートを楽しんでくださいね!