男のおしゃれ部屋づくり!インテリアコーディネートのポイントまとめ

こんにちは!セルコーデ編集部です!!

おしゃれなお部屋は誰だって憧れますよね!
男性ならかっこいい部屋に住みたい、友達に自慢したい、さらに女性にモテたいっ!!!
そんな思いが胸のどこかにあると思います。

今回はそんなおしゃれ部屋を目指す男性へ向けたインテリアコーディネート術をご紹介します!

インテリアはライフスタイルから

インテリアコーディネートをする際に気を付けたいことは、自分のライフスタイルをベースに考える事です。

というのも、かっこいいからと言って自分のライフスタイルとはかけ離れたスタイルのコーディネートをしても、
無理が出てしまい本来リラックスする場所なのに「全然休まらない・・・」なんてことになってしまいます。

自分が部屋で重視したいことは何なのかを考えてコーディネートに活かしていきましょう!

自分の行動パターンを考えよう

まずは自分の行動を考えてみましょう。それに沿って好きなテイストや家具をコーディネートしていきます。
自分の行動パターンを知っておくと、何が必要なのか、どこに何を置くのかが段々見えてきます。

部屋に帰ってきたときのことを思い出してみるといいかもしれません。

部屋に帰ってきたらまず何をしますか?
部屋で大切にしたいことは何ですか?

自分の行動パターンと大切にしたいことを基本に置いて
コーディネートを考えていく方がお部屋が出来上がってからの生活のしやすさが変わります。

どんなスタイルが好み?

次に自分の好みのスタイルを選びましょう!

ブルックリンテイスト、北欧テイスト、アジアンテイスト・・・など
好みのテイストは本当に人それぞれです。

好きなスタイルが決まったら、そのスタイルに合わせた家具を選びコーディネートしていきます。
その際に気を付けるべきことは、テイストはぶらさないこと!
小物でもテイスト別にデザインが変わってくるので、一つでもテイストが変わるとお部屋のバランスが崩れてしまいます。

おしゃれな部屋づくり。基本を押さえよう

それでは、おしゃれな部屋づくりのために必要な基本をご紹介していきます。

空間の活かし方、配色、照明の3つを気を付けていきましょう!

部屋を広く見せるコツ

部屋を広く見せるコツとしてまずポイントになるのが、家具の高さです。

部屋のサイズによっては、高い家具ばかりあると圧迫感が出やすく、
リラックス空間というイメージからかけ離れてしまうことがあります。

背の高い家具を使う場合は1点~2点に絞ったり、
低めの家具で揃えたりすると、空間をより広く演出できます。

カラーバランスを考えよう

全体をブラウンやホワイトなどのナチュラルカラーでまとめて統一感をも持たせつつ、
好きな色を1~2色に絞ってポイントで取り入れると、バランスが取れた部屋になります。

部屋の中で使う色は大きく分けて3色にするとベストバランスです!

ポイントカラーはラグやカーテン、クッションなどで取り入れると好バランスです。

照明はテイストに合わせたものを

部屋の印象を大きく左右する照明も押さえておきたい重要ポイントです!

オレンジっぽい暖色系の光は、温かくリラックスした雰囲気をもたらすのでナチュラルテイストの部屋におすすめです。

青っぽい寒色系の光は、ダークトーンを多く使った部屋に合わせると
さらにクールな印象を演出できます。

テイスト別コーディネート例

ここではおしゃれな部屋の例とともに、代表的なテイスト3つをご紹介します。
それぞれのスタイルに合わせたインテリアの配置や色使いなど、部屋作りのテクニックを見ていきましょう!

ブルックリンテイスト

アメリカのマンハッタン州発祥のモダンとヴィンテージが融合したスタイル。

ヴィンテージ感の中にもゴージャス感や奇抜さを取り入れたマンハッタンスタイルに対して、
ブルックリンスタイルは、ヴィンテージ感と最新性はあるものの、等身大の気取らないスタイルと言えます。

観葉植物を多く取り入れたコーディネートが特徴です。

ポートランドやヴィンテージと似ているように見えますが、比較的小物を多く使っており、「ごちゃっ」とした印象があります。

失敗すると雑貨がいっぱい置いてあるだけのお部屋になってしまいますので、テイストを揃える事を意識しましょう!!

北欧テイスト

「シンプル&ナチュラル」が基本の北欧スタイル。
ホワイトやブラウンのナチュラルカラーをベースとし、グリーンを取り入れた温かみのある空間が魅力です。
クッションなどのファブリックでカラフルな色を取り入れるとより北欧らしく仕上がります。

シンプルでオシャレ、でもどこか暖かみのある印象がある北欧テイスト。

気温が低い北欧は家の中で過ごすことが多いので、明るいカラーを取り入れる事が多いのも特徴です。

ヴィンテージテイスト

古めかしいテイストやアイテムでコーディネートされたヴィンテージテイスト。

数あるインテリアコーディネートの中でも、
アイテムのテイストの統一感を出す事が求められるため、アイテム選びのセンスが問われます。

近年ではサーフテイストやブルックリンスタイルなど、ヴィンテージに他のエッセンスをプラスしてのインテリアコーディネートも多く見られます。

まとめ

いかがでしたか?
かっこいい部屋にも基本があり、それをベースに考えることでまとまりのあるお部屋に仕上がるんです!

基本を守りながら自分のライフスタイルに合わせることで、自分好みのかっこいい部屋づくりも夢じゃない!

ぜひご自身の好みに合わせて満足のいくお部屋づくりをしてみてくださいね!!