好みのスタイルが見つかる!インテリアスタイル10種類をご紹介!

ずっと変えていない部屋の雰囲気を変えたい!引っ越しの時にどんなテイストのインテリアを選べばいいか悩んでいる。
そんな方は、インテリアスタイルの種類を知っておくと家具選びの際の参考になるはずです。

そこで今回は、様々なインテリアスタイルをご紹介します。
それぞれのスタイルの特徴や選び方のポイントなど。ぜひあなた好みのスタイルを見つけてみてくださいね!

インテリアスタイル10選!

さっそくインテリアスタイルを10つご紹介していきます。
簡単に取り入れやすいシンプルなスタイルや、個性的なスタイルまで。
それぞれのスタイルの特徴や選び方のコツを知ることで、統一感が生まれておしゃれな空間をつくりやすくなりますよ!

ナチュラルスタイル

ナチュラルスタイルはその名の通り“自然”な素材や色味を取り入れたスタイルです。
自然の温もりを感じられる木目調のインテリアや、グリーンやブラウンといったアースカラーを差し色として使ってみましょう。
ファブリック製品や観葉植物との相性が良いです。比較的シンプルに仕上げることができて、流行り廃りのないスタイルなので挑戦しやすいですよ。

もし飽きてしまったなと感じても別のスタイルと掛け合わせやすいのでおすすめです!

北欧スタイル

日本でも定番になりつつある北欧スタイル。
北欧はノルウェーやスウェーデンなどの国で、冬がとても厳しく、夜が長いのが特徴です。
そのため家にいる時間が長くなる北欧の人々が使うインテリアは、様々な工夫がされています。

床からくる冷気を遮る為、椅子やソファは脚が長いデザインが多いです。
温もりが感じられるように、素材は加工していない無垢の天然木が多く使われます。
日が暮れるのが早いので、暗くなりがちな部屋を明るくするためにビビッドカラーを小物に取り入れたりします。
カーテンやラグにはボタニカル柄やアニマル柄を取り入れるとより北欧らしさが出ますよ。

ブルックリンスタイル

部屋をおしゃれなカフェ風にしたい!と思ったことがある方は多いのではないのでしょうか。
そんな方におすすめなのがブルックリンスタイルです。

もともと工業地帯だったブルックリンには、工場の跡地をリノベーションしてカフェやアパートにしたところが多く建ち並びます。
レンガ調やコンクリート風の壁紙に張り替えたり、アイアンのような無骨な素材を使ったテーブルや椅子を選んでみましょう。

ベースのカラーには黒やグレー、ブラウンなどの落ち着いた色を使うと無機質なインテリアと調和しやすくなりますよ。

インダストリアルスタイル

出典:RoomClip

“工業的”という意味のインダストリアル。

ブルックリンスタイルと同じく無骨でアンティークなスタイルですが、よりカジュアルさを抑えて飾り気がない洗練された空間にしたい方はインダストリアルスタイルがおすすめです。
サビ加工された小物を置いたり、生活感が出やすいゴミ箱をアルミ素材のものにしてみたり。

空間の余白をつくり、あまり物を置きすぎないようにすることがポイントです。

カリフォルニアスタイル

出典:RoomClip

西海岸の海辺を連想させるカリフォルニアスタイルは、清潔感がありリラックスできる空間を演出できます。

海のブルー、砂浜のホワイトを取り入れれば一気にリゾート気分!

デニム生地のソファやクッションはカリフォルニアスタイルと相性ピッタリです。
貝殻のモチーフの小物や背が高めの観葉植物を取り入れると、より西海岸らしさがでます。

堅苦しくないカジュアルな雰囲気が好きな方におすすめのスタイルです。

アジアンスタイル

出典:RoomClip

非日常を味わいたい方におすすめなのが、異国情緒あふれるアジアンスタイルです。

アジアンテイストに取り入れるインテリアは素材にこだわってみましょう。
ラタン、ウォーターヒヤシンス、ヘンプやバンジーなどが代表的な素材です。
プラスチックやアルミなどの素材を避けるとベター。

ソファや椅子、ライトが編み込みのデザインになっているものが多いのが特徴です。

ダークブラウンでまとめてリゾートホテルのような高級感を演出してみましょう。

英国スタイル

アンティーク調のインテリアを基調とした英国スタイルは、伝統的で重厚感のある雰囲気を演出できます。

カーテンや壁紙にくすみカラーを使うことで、上品なインテリアとよく馴染みますよ。
使えば使うほど愛着がわく本革ソファや、木目調で彫刻が施されたダイニングセットを揃えてみるなど。

優雅で大人の空間にしたい方は挑戦してみてはいかがでしょうか!

フレンチスタイル

出典:RoomClip

英国スタイルと同じくトラディショナルな雰囲気を味わえるフレンチスタイル。
ソファやベッドのフレームが優雅な曲線でデザインされているロココ様式のインテリアを取り入れてみましょう。

ベースカラーは白やライトグレーなど。
アクセントカラーはビビッドな色よりパステルカラーのような落ち着いた色がおすすめ。

思い切って照明をシャンデリアに変えてみたり!英国スタイルよりも繊細でガーリーな雰囲気にすることができますよ。

モロッカンスタイル

出典:RoomClip

アジアンスタイルのようにエキゾチックな雰囲気を楽しめるモロッコ風のスタイル。
あまり馴染みがないかもしれませんが、基本的に床で生活するモロッコの生活スタイルは日本人にも馴染みやすいでしょう。

座り心地の良いラグを敷いたりローテーブルにしてみたり。
柄は伝統工芸にも使われる、幾何学模様やダマスク柄がおすすめ。

モロッカンスタイルに欠かせないのが“プフ”と言うクッションのようなものです。

カラフルな色使いや変わった模様は民族色が強く、にぎやかで個性的な部屋にしたい方におすすめです。

モノトーンスタイル

今まで様々なインテリアスタイルにしてみたけど、どれもしっくりこない!飽きてしまった!という方は、シンプルイズベストなモノトーンスタイルはいかがでしょうか。

材質やカラーを統一したインテリアを選び、生活感を出しにくくする収納付き家具を選ぶのがコツです。

少し寂しくなりがちなモノトーンでも、白の割合を増やし、自然光を多く取り入れられるようにしてあげると、温かみがプラスされます。

まとめ

様々なインテリアをご紹介しましたがいかがだったでしょうか。たくさんあって悩んでしまいますよね。

相性のよいナチュラルスタイルと北欧スタイルをミックスするなど、2つのスタイルを掛け合わせてみてもコーディネートの幅が広がりますよ。

長く愛せる部屋をつくれるように、ご自分の生活スタイルに合ったコーディネートにするのが重要です。
ぜひ自分好みのスタイルをじっくり探してみてくださいね!

コーディネート事例

セルコーデとは

Selcoode(セルコーデ)とは、Selfish(自分勝手な)×Coordinate(コーディネート)と二つの言葉を組み合わせた造語です。
家具を購入するとなると高額なものも多く、失敗してほしくないという想いと

もっとお部屋づくりが楽しくなってほしいという二つの想いから当サイトは誕生しました。

カテゴリ一覧

おすすめの特集記事