いつでもお部屋を綺麗に!掃除しやすいお部屋づくりのポイント

こんにちは!セルコーデ編集部です!

お部屋の掃除がしにくいと億劫になったりストレスがかかります。
なるべくならスッキリとしたお部屋で過ごしたいですよね!

今回の記事では掃除がしやすいお部屋づくりのコツをご紹介します!

掃除がしやすいお部屋とは?

気持ちよく暮らすために欠かせないお部屋の掃除。
掃除がしにくいお部屋だと、汚れに気付いていても面倒であまり気が乗らないですよね…。
ですが、ホコリが溜まっていたらせっかくのオシャレなお部屋も台無しになってしまいます!

短時間で効率的に掃除をするにはまず、掃除がしやすいお部屋をつくることが大事です!

掃除がしやすいお部屋とは
①物が少ない
②家具が掃除の邪魔にならないように配置されている
この2つがポイントです!

あなたのお部屋はどうですか?
2つのポイントがクリアできているか見直してみましょう!

極力、物を置かない

テーブルや床、棚の上には極力、物を置かないのがベストです。

物が置いてあると掃除機や掃き掃除、拭き掃除のときにいちいち動かしながら掃除をしなければなりません。
とても面倒ですよね!

リモコン類やティッシュなどはカゴやトレイにまとめて置いておくと、まるごと動かせるので1つずつ移動させる手間が省け、見た目もスッキリします!

置いている物が少ないと、その分手間が省けるので時短になりますよ!
いろいろな工夫を凝らして、直接置かないようにするのが〇。

障害物をできるだけ減らして、ストレス無くお掃除をしましょう!

動線を考えた配置

ここで言う動線は、掃除をするときの経路のことです。

家具や物が入り組んで置いてあると、動きづらく掃除がしにくいし、普段の移動もしづらいですよね。

掃除機やフローリングワイパーをかけながら歩けるような余裕のある動線を意識して家具を配置しましょう。
この時に、くねくねとした動線ではなく、なるべくまっすぐな動線になるようにすると掃除がしやすいです。

コード付きの掃除機をお使いの方は
コードが届く範囲や家具に引っかからないか、コンセントの位置を確認しながらレイアウトするとやりやすいです!

掃除が手間にならない部屋づくり

掃除をするスペースが狭かったり、家具をどかしたりするのが面倒だと、こまめに掃除をするのは難しいですよね。

ですが、ホコリが溜まってきてから一気に掃除をすると
時間がかかって1日が潰れてしまったり、疲れてしまってもう動きたくない!なんてことに…。

掃除が手間にならないお部屋だと、こまめに楽チンな掃除ができるので、短時間で効率的にお部屋を綺麗にすることができます!

動線を確保する

掃除をしやすい部屋をつくるにはまず、動線を確保することが大切です。
掃除機などの道具を持って移動しても邪魔にならないような広さの動線が理想です。

また、動線に沿って行くことで、どこから手を付けていいか迷うことが無くなり、スムーズに掃除をすることができますよ!

見通しの良いレイアウト

リビングや寝室など、いちいち部屋の行き来をして掃除をするのはとても大変ですよね。
そんな時は、部屋と部屋を分けずに思い切って1つの空間にすることで動きやすい動線ができて、一気に掃除を済ませることができます!

また、どんな家具を選ぶかもポイントになります。
インテリアと床の隙間はホコリが溜まりやすいので、脚付きの家具を選ぶと良いでしょう。
家具の下に掃除機が入る高さがあれば楽に隅々まで綺麗にできますし、高さが出てお部屋に立体感が生まれます。

ぐるりと一周できる動線

ぎっちりと家具が置いてあると掃除がしにくいですし、お部屋が狭く見えます。
また、動線がどこかで途切れてしまうとコンセントを挿し直したり、行ったり来たりの手間が増えます。
掃除をしながら一周できるようなレイアウトでお部屋をコーディネートをすることで掃除が格段に楽になります!

ある程度の余裕があるスペースを意識して動線を確保しつつ、楽に掃除ができるお部屋づくりに挑戦してみましょう!

動かせる家具を置く

大きくて重たい家具は動かすのに一苦労。

棚の中身を一旦全部出して動かし、元に戻す。
こういった作業をした経験はありませんか?

そんな面倒を解決してくれるのがキャスター付きのワゴンや台です!
片手で楽に動かしながら掃除機をかけることができます♪

ソファの代わりに大きなビーズクッションなど、軽くて動かしやすいものを選ぶのも良いですね。

家具と物を減らす

家具や物を減らすだけでホコリが溜まるのを防いで普段の掃除もしやすく、見た目もスッキリします。

まずは、好きな物や必要最低限な家具を選びましょう!
使用頻度が少ないものや季節外れの物は収納し、不要なものは思い切って処分しましょう。
処分するか迷ったときは、ときめきを感じるかどうかで判断すると良いですよ♪

一時的に置く場所を決める

片付けやすいお部屋にするには、置き場所を決めることが大切です。

一時的に物を置く「なんでも置き場」をつくりましょう!

片付けや掃除のときにどかしたものを一時的な置き場として、床やテーブルの上がごちゃごちゃにならないようにするのも良し!
どこに置くか決めていない雑貨などを一時的に置くのも良し!

色々な活用方法があります!

ざっくり収納して全体をスッキリさせる

整理整頓で1番大切なことは、収納です。

目的の物を簡単に見つけてサッと取り出すことで、生活をスムーズに送ることができます。

ただ、細かい収納をすると逆に面倒になったり、ストレスがかかってしまう場合も…。
頑張りすぎない、ざっくりとした収納を心掛けてお部屋も気分もスッキリ♪

シンプルで大きめのボックスを並べて使うと、簡単に収納場所をカバーできますよ!

まとめ

今回は家具ではなく、掃除しやすいお部屋づくりのポイント紹介してきました。

動かせる家具を置いたり、なんでも置き場をつくったりするのはすぐに挑戦できそうですよね!
動線を意識することで模様替えのヒントにもなりそうです!

普段から簡単で楽チンな掃除をして、綺麗でオシャレなお部屋をキープしましょう♪

これを機に、思い切ってお部屋の物を断捨離するのもいいかもしれませんね!

コーディネート事例

セルコーデとは

Selcoode(セルコーデ)とは、Selfish(自分勝手な)×Coordinate(コーディネート)と二つの言葉を組み合わせた造語です。
家具を購入するとなると高額なものも多く、失敗してほしくないという想いと

もっとお部屋づくりが楽しくなってほしいという二つの想いから当サイトは誕生しました。

カテゴリ一覧

おすすめの特集記事